『上の焼肉屋』


こんな山奥に焼肉?
コロナで飲食厳しいのに
頭おかしいって言われながらも(笑)
オープンには理由と歴史があるんです!!

当時,博多で和牛の生肉屋と言えば
老舗の『博多かね萬』春吉本店があった
時代の流れで生肉が禁止になり、店舗
の老朽化で焼肉には変更できず
撤去しました…

生肉は屠殺を上がり,検査終えて
翌日には,新鮮な牛タンを始め,内臓から
さがり,ハラミの生肉を提供してきた

46年続く『博多かね萬』
先代から受け継いだ タンの熟成から
ドライエージングなどの知識を
焼肉と言う形で新たに再編したい思いで

この地,『村上や』糸島の山の上で
出店する前に、焼肉激戦区大分で
挑戦したく,やるなら本物を目指して…
博多からスタッフ全員大分に入り
5年間試行錯誤して『焼肉横丁』
全てクオリティーは
お値段以上を全面に出し,お客様も
増え繁盛店となりました!

知らない地にいきなり博多から出店し
応援して頂いた,大分のお客様方の
おかげで,韓国料理と焼肉の融合を
自信もって提供できる
『独自のスタイル』を組み立てることが
出来ました,既製品を一切使わず
手作りにこだわってます
美味しい水に糸島の野菜をふんだんに
手間隙と愛情かけて作ってます!

糸島サワーも全て
国産の果物を使い砂糖は一切
使わずに漬け込みました!

店舗は、社員みんなで塗装したり
テーブルも作り,思いは一つに
焼肉臭い店が嫌いなので
より綺麗に、毎日消臭、殺菌しております

観光地と言う感覚は一切なく
日々,お客様の大切に1日を
真剣に美味しい焼肉を提供できるように
厳しく向き合っていきます!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる